スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロビン・トロワー (Robin Trower)  ジミ・ヘンドリクスそっくりさん

ロビン・トロワー (Robin Trower)  ジミ・ヘンドリクスそっくりさん

前の記事のプロコル・ハルムのギタリストだったロビン・トロワーです

プロコル・ハルムはクラシック風のサウンドと曲調だったんですがそのなかでロビン・トロワーはジミ・ヘンドリクス・フォロワーと言われるギター・スタイルを持っていました

1971年にプロコル・ハルムを脱退した後、ロビン・トロワーはソロ活動に入ります

1973年の初ソロアルバム

Twice Removed From Yesterday

Twice Removed From Yesterday Twice Removed from Yesterday - Robin Trower

I Can't Wait Much Longer



ジミ・ヘンドリクス・フォロワーと言われたギター・スタイルがよくわかると思います

Bridge of Sighs

Bridge of Sighs (Exp) Bridge of Sighs - Robin Trower

Bridge Of Sighs



もうジミ・ヘンドリクスそのものって感じですよね

For Earth Below Robin Trower Live

For Earth Below / Robin Trower Live

僕はこの1976年のライブ・アルバムぐらいまではロビン・トロワーを聴いていたのですがその後は聴かなくなってしまいました

最初の頃はジミ・ヘンドリクスが亡くなった後でジミ・ヘンドリクスみたいくてカッコイイと思っていたのですが、そこから抜け出せないというかひどい言い方としてはジミ・ヘンドリクスのマネしているだけという感じになっていただけでした



1980年代にはロビン・トロワーは元クリームジャック・ブルースとバンドを組んだりしていたようです




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。