スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー"ギター"ワトソン (Johnny "Guitar" Watson) ファンクでカッコイイおじさん

ジョニー"ギター"ワトソン (Johnny "Guitar" Watson) ファンクでカッコイイおじさん

ジョニー"ギター"ワトソン (Johnny "Guitar" Watson)この人のこのレコードをなぜ持っていたのかは記憶にありませんがとにかく持っていました

ニューミュージック・マガジンあたりからの情報で手に入れたのか、たんなるジャケ買いだったのかは謎です

Real Mother for Ya

Real Mother for Ya

ウィキペディアで見たら1935年生まれとのことですから年代的にはかなり上の世代の人です

初期にはブルースをやっていたようでゲイト・マウス・ブラウンアルバート・コリンズなどがギターヒーローだったようです

そのせいか切れの鋭いギターを弾きます

このレコードは1977年のものですがブルースをベースにしながらファンクなリズムに乗ってかなりソフィスティケイテッドなサウンドの作りになってます

ジャズやフュージョンぽい部分もあります

で、とにかくカッコイイんですよ

A Real Mother For Ya



NOTHING LEFT TO BE DESIRED



your love is my love

>

Tarzan



Lover Jones

>

いろいろなタイプの曲がありますがとにかくカッコイイ

アルバムとしては

Ain't That a Bitch Ain't That A Bitch - Johnny

のほうが有名のようです

Ain't That A Bitch



1990年代に入って再評価されて1996年に来日したのですが横浜のクラブで演奏中に心臓発作をおこしてそのまま息を引き取ったそうです(合掌)

しかしカッコイイです この人の音楽




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。