スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wishborne Ash(ウィッシュボーン・アッシュ)

Wishborne Ashウィッシュボーン・アッシュ


めちゃ久しぶりの更新になってしまいました(笑)

1970年頃にデビューしたイギリスのツインリードギター・バンド、Wishborne Ash(ウィッシュボーン・アッシュ)です

ウィッシュボーンというのは鳥の叉骨で二股に分かれた「人」という字のような形をしています 自動車のサスペンションでダブルウィッシュボーンとかいうのも聴いたことがあると思いますがあのウィッシュボーンもサスペンション・アームが二股になっているからですね
「人という字は人と人が支えあう・・・」なんて金八先生ですが、ウィッシュボーン・アッシュの場合はツインリードギターが売り物だったので二叉骨を思いついたのじゃないかと思います

ファーストアルバム「光なき世界
Wishbone Ash Wishbone Ash - ウィッシュボーン・アッシュ
このジャケットの写真がウィッシュボーンですよね

セカンドアルバム「巡礼の旅
巡礼の旅 Pilgrimage - ウィッシュボーン・アッシュ

そして最高傑作のサード・アルバム「百眼の巨人アーガス
百眼の巨人アーガス+3 Argus (Remastered) - ウィッシュボーン・アッシュ
このジャケット写真ですがスターウォーズの1作目だか2作目だかで共和国側の基地に帰った時のシーンがそっくりだった気がします

イギリスならではといったサウンドでブリティッシュ・フォークやプログレッシブ・ロック的な音階やメロディーでクリアなギター・サウンドが印象的でした

4枚目の「ウィッシュボーン・フォー
ウィッシュボーン・フォー(紙ジャケット仕様) Wishbone Four - ウィッシュボーン・アッシュ

初めてのライブアルバム「ライブ・デイト
Live Dates ライヴ・デイト - ウィッシュボーン・アッシュ

The King Will Come


Blowin Free


Warrior


1973年のここまでがオリジナルメンバーの
アンディ・パウエル  G(フライングV)
テッド・ターナー   G
マーティン・ターナー B(ファイアーバード・ベースでピック弾き)
スティーブ・アプトン Dr(サウスポーで左右反対のドラムセット)
だったのですがテッド・ターナーが脱退して代わりにローリー・ワイズフィールドが加入します

1974年のアルバム「永遠の不安
永遠の不安 There's the Rub - ウィッシュボーン・アッシュ

僕が持っていたアルバムはこの辺りまでなんですが驚いたことにウィッシュボーン・アッシュはオリジナルメンバーはアンディ・パウエルだけになっていますが今でも現役で続いているんですね

僕も学生の頃にバンドでコピーしていました
Sometime World

初来日のコンサートも中野サンプラザで見たっけ



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター - ジャンル : 音楽

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。