スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッファロー・スプリングフィールド

バッファロー・スプリングフィールド
スティーヴン・スティルス(ギター・キーボード・ボーカル)
リッチー・フューレイ(ギター・ボーカル)
ニール・ヤング(ギター・ピアノ・ボーカル)
デューイ・マーティン(ドラムス)
ブルース・パーマー(ベース)
とその後の活躍を考えると豪華絢爛なメンツ

カントリー、フォーク、ブルース、ジャズ、ソウル、R&B、南米民族音楽、クラシックなどが絶妙な味付けで混じり合ったサウンドを持っていました
  Buffalo Springfield - Buffalo Springfield


For What It's Worth / Mr Soul


Buffalo Springfield Again - Buffalo Springfield

Expecting to Fly



Bluebird



今聴いても新鮮な感じがします
すごいな こいつら!


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト
プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。