スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーリー・ダン ドナルド・フェイゲン ソロ

スティーリー・ダン ドナルド・フェイゲン ソロ

スティーリー・ダンは1981年に解散してしまいます
ドナルド・フェイゲンはソロアルバムを1982年に発表しています
ナイトフライ
  The Nightfly - Donald Fagen

スティーリー・ダン自体がすでにドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーの2人を中心としてスタジオ・ミュージシャンでサポートするユニットになっていたので、ソロになっても大きな違いはないですがスティーリー・ダンの方向性をさらに昇華させたといったイメージです

I.G.Y


スティーリー・ダンの曲の作りもドナルド・フェイゲンの声質や歌い方もかなりアクの強いものなんですがそれらがいつの間にか心地良いものとして受け入れられていったのはちょっと不思議な感じがします


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

スティーリー・ダン

スティーリー・ダン4枚目のケティ・ライド
  Katy Lied - Steely Dan

このあたりでジェフ・バクスタードゥービー・ブラザーズへ移ってしまったはずでラリー・カールトンとかが参加しています
ドラムスもジェフ・ポーカロ(後にTOTO)に変わっていたとおもいます

そして5枚目
  The Royal Scam - Steely Dan

もうここらあたりからは演奏は凄腕スタジオ・ミュージシャンで固められてます
ギターだと ラリー・カールトンエリオット・ランドールディーン・パークス
ドラムス リック・マロッタバーナード・パーディー
などなどになってマイケル・マクドナルドドゥービー・ブラザーズに行っちゃうしでドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーの二人だけが残っている状態でしょうか

そして6枚目の エイジャ
  Aja (Remastered) - Steely Dan

ジャケットの女性は山口小夜子さん
エイジャ

サックスはウェイン・ショーター
ドラムス スティーヴ・ガット
ペグ



そして7枚目の ガウチョ
  Gaucho - Steely Dan

ヘイ・ナインティーン


このアルバム後スティーリー・ダンは長いお休みに入ります



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


スティーリー・ダン(Steely Dan)

スティーリー・ダンSteely Dan)

このスティーリー・ダンもロサンジェルスのバンドですね
僕はこのバンドが好きでずいぶん追っかけました

ドナルド・フェイゲン(Vo, Key)
ウォルター・ベッカー(B)
の二人が始めたバンドで当初は
デニー・ダイアス(G)
ジェフ・バクスター(G)
ジム・ホッダー(Drums)
デイヴィッド・パーマー(Vo)
という編成でした
1972年にキャント・バイ・ア・スリルでデビュー
  Can't Buy a Thrill - Steely Dan

ドゥ・イット・アゲイン


リーリン・イン・ジ・イヤーズ


セカンドアルバム カウント・ダウン・エクスタシー
  Countdown to Ecstasy - Steely Dan

マイ・オールド・スクール


もうデイヴィッド・パーマー(ボーカル)がいなくてドナルド・フェイゲンのヴォーカルになっていますね

サードアルバム プリッツェル・ロジック
  Pretzel Logic - Steely Dan

プリッツェル・ロジック


このあたりからはバンドというよりドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーの二人に色々なミュージシャンをいれてサウンドの完成度をあげる方向に移り始めましたね

マイケル・マクドナルド(Vo のちにドゥービー・ブラザーズ)が参加したはずです


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。