スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix) その後



ジミ・ヘンドリクスジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス解散後旧友のビリー・コックス(B)エレクトリック・フラッグにいたバディ・マイルス(Dr)とバンド・オブ・ジプシーズを始めますがすぐに解散してしまいます
Band of Gypsys (Live) [Remastered] - Jimi Hendrix


その後は元の仲間と活動をしたりしていましたが1970年に27歳で亡くなってしまいます

僕の持っていたジミ・ヘンドリクスのレコードとしては

モンタレーのライブ
   ジミ・ヘンドリクスが片面、オーティス・レディングが片面のもの

クライ・オブ・ラブ

レインボーブリッジ
  ハワイ、マウイ島のライブ

クラッシュ・ランディング
ミッドナイト・ライトニング
   ジミ・ヘンドリックスの演奏にスタジオ・ミュージシャンのリズムセクションがオーバーダブしたもの

ヘンドリクス・イン・ザ・ウェスト
  ライブ

その他ブートレグ的なライブいくつか

です

ジミ・ヘンドリクスマイルス・デイヴィスなどのジャズ・ミュージシャンからもかなり評価をうけていたようでジャズ・アレンジャーのギル・エヴァンス
Plays the Music of Jimi Hendrix (Remastered) - Gil Evans

というジミ・ヘンドリックスの作品をジャズ・オーケストラにアレンジした作品を残しています

でもねえ、ジミ・ヘンドリックスジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス時代の音を聞くと8ビートを飛び越えて16ビートに片足突っ込んだような部分も感じるし、大きなうねりと細かいノリが交互に登場してピアノとフォルテ部分がはっきりと別れて構成されていて(基本的には大音量ですが)ギターのサウンドもクリアな部分とグワーンとディストーションしたりテープ編集したように変幻自在な音色が入り乱れたりでギター一本でシンフォニー・オーケストラ的な効果を出していたり、どうやっているのかわからないようなSE的な音も混じっていたりで頭がくらくらしてきちゃいます



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


スポンサーサイト

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix) ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス

ジミ・ヘンドリックスJimi Hendrix)

僕の場合ジミ・ヘンドリクスについてはジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスにつきる感じです

アメリカ生まれですがアメリカ・インディアン(北米原住民族と言わなきゃいけないのかな)の血が混じった黒人でインディアン居住区でも生活していたりしたので多くの黒人ミュージシャンのようにブルースやソウルミュージックだけで育ったわけでもないようです
バック・ミュージシャンとして黒人ミュージシャンのバンドで活動しているうちにアニマルズ(イギリス)のベーシストだったチャス・チャンドラーに見出されて1966年にイギリスに渡り
ノエル・レディング(B)
ミッチ・ミッチェル(Dr)
ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスを結成します

当時イギリスではヤードバーズ出身のいわゆる3大ギタリスト、エリック・クラプトン(66年当時クリーム)、ジェフ・ベックジミー・ペイジ(66年当時ヤードバーズ)が活躍していましたがジミ・ヘンドリクスの出現にはギタリストとしてかなりショックを受けたようです

しかし、僕が思うにジミ・ヘンドリクスは単なるロック・ギタリストというよりロックという音楽自体にもショックを与えたのじゃないかとおもいます

Are You Experienced - The Jimi Hendrix Experience


ちょっと面白いビデオを見つけたので

1969年にLULUのTVショーに出演したときのものらしいですがVooDooChileに続いてHey Joeを演奏するのですがすぐに終わっちゃってクリームSunshine of Loveをさわりだけやっています
Axis: Bold As Love - The Jimi Hendrix Experience

Smash Hits - The Jimi Hendrix Experience

Electric Ladyland - The Jimi Hendrix Experience

なぜか僕の持っていたアナログ盤とはそれぞれジャケットが違うように思えるのですが



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ



プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。