スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイ・ブキャナン(Roy Buchanan)

ロイ・ブキャナンRoy Buchanan

ジミ・ヘンドリックスの記事に続けるにはあまりに地味な存在なのですがギタリストズ・ギタリストというか当時のギタリストが憧れる存在のギタリストだったんです

Roy Buchanan - Roy Buchanan

roy buchanan - the messiah will come again メシアが再び

普通にピックを使ってと中指、薬指などでのフィンガーピッキング、ボリュームやトーンの調整などで変化に富んだ音色を作り出しています

この曲ゲイリー・ムーアもレパートリーにしています(僕はゲイリー・ムーアはあまり良く知らないんですけど)
Gary Moore - The Messiah Will Come Again


ジェフ・ベックにとってもあこがれのギタリストだったそうで「悲しみの恋人達」はロイ・ブキャナンに捧げて作ったそうです おなじくロイ・ブキャナンに憧れていたというエリック・クラプトンとの共演バージョンで
Cause We've Ended as Lovers - Jeff Beck,Eric Clapton,Doyle Bramhall II



ロイ・ブキャナンの3枚目のアルバムにはジミ・ヘンドリクス Hey Joe が入っているんですけど

Jimi Hendrix Jam With Roy Buchanan


意外なことにこんなつながりがあったんですね

1939年生まれということですからビートルズなんかとそれほど年代的には違わないんですけど風貌がおじさんぽいし、派手なプレイがないというあたりでやっぱり地味な存在になっちゃったんでしょうか
調べてみたら1988年に酔っ払って保護されていた留置所で首吊り自殺しちゃって亡くなっていたんですね 残念!



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ




スポンサーサイト
プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。