スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョー・コッカー (Joe Cocker)

ジョー・コッカー (Joe Cocker)

イギリス出身の魂のシンガー、ジョー・コッカー

With A Little Help From My Friends

  With a Little Help from My Friends - Joe Cocker

イギリスである程度の成功を収めて米国へ渡ってウッドストック・フェスティバルへ出演

A Little Help From My Friends - Woodstock 1969



歌唱力とかなんだとか言う以前の魂の迫力みたいなものを感じましたね

そしてレオン・ラッセルとのアメリカ巡業ではマッドドッグス&イングリッシュメンという大所帯に
  Mad Dogs & Englishmen (Live) [Remastered] - Joe Cocker

She came in through the bathroom window



Feelin' Alright


Delta Lady



この巡業は映画にもなったりしていますが大成功というわけでもなかったようでその後しばらくは低迷してしまいました

1975年に You Are So Beautiful が久々にヒット

  I Can Stand a Little Rain - Joe Cocker



そしてリチャード・ティーなどスタッフのメンバーがサポートした



The Jealous Kind



A Song For You



パワーで押すのではなく渋くしかしソウルフルな歌唱で心に染みてきます
このアルバムが一番好きです

さらに小奇麗になって(笑)ゴージャスにおしゃれになっていきます

  Luxury You Can Afford - Joe Cocker


ここらで一時の低迷からは脱してよかったよかったと思っていたらですね、1980年代に入ってなんと映画「愛と青春の旅立ち」のテーマを歌って大ヒットしちゃうんですよ

Up Where We Belong




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト
プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。