スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers)

ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers)

オールマン・ブラザーズ・バンドが南部のロックならウェストコースト・ロックの雄としてドゥービー・ブラザーズが登場しました

このバンドはメンバーの出入りが激しいバンドでなぜかスティーリー・ダンのメンバーがあとで入ってきて大きな顔をするという不思議さがありました

なにせドゥービー・ブラザーズってマリファナ兄弟って意味ですから、とんでもない名前なんですが優れたコーラスが売りでアメリカの小学校だかの音楽の教科書にもコーラスのお手本として Black Water という曲が取り上げられたということです

初期はギターのトム・ジョンストンパット・シモンズを中心としてツイン・ギター、ツイン・ドラムにベースという編成で気持ちの良いギターのカッティングとのりの良いリズム・セクションをバックに綺麗なコーラスが気持ちいいバンドでした

ファーストは持っていなかったと思うのですがセカンド・アルバム
Toulouse Street
Toulouse Street - The Doobie Brothers

代表曲でListen To The Music



心地良いギターサウンドとコーラスですよね

Captain & Me
The Captain and Me - The Doobie Brothers

Long Train Running



ドゥービー天国
What Were Once Vices Are Now Habits - The Doobie Brothers

Black Water



スティーリー・ダンからギターのジェフ・スカンク・バクスターが加わってトリプル・ギターになってよりストレートなロック・サウンドになります

Stampede
Stampede - The Doobie Brothers



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト
プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。