スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・クリムゾン (King Crimson)

キング・クリムゾン (King Crimson)

プログレッシブ・ロックでムーディー・ブルースに続いて聴いたのがキング・クリムゾンだったと思います


クリムゾン・キングの宮殿



21世紀の精神異常者 21st Century Schizoid Man



エピタフ Epitaph



クリムゾン・キングの宮殿 The Court of the Crimson King



いやー 圧巻なプログレですね メロトロンがいっぱいです

でもピンクフロイドムーディー・ブルースもこのころのキング・クリムゾンもスケールが大きくて叙情的なプログレだとおもいます

キング・クリムゾンもこの次のアルバムぐらいまでは聴いていたと思うのですがその後しばらく遠ざかってしまいました

たぶん、グレッグ・レイクイアン・マクドナルドなどが抜けてロバート・フリップ中心になってしまったせいかもしれませんし、当時の高校生のお小遣いではそうひとつのバンドのレコードばかり買えなかったというのもあると思います

その後も時々友人からレコードを借りたり、ラジオやビデオで聴いたり見たりしていましたが僕にとってはやはりこのクリムゾン・キングの宮殿が一番ですね

↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト
プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。