スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル・クーパー

スーパー・セッションものが一段落したところでアル・クーパーはソロ・アルバムをだしていきます

アイ・スタンド・アローン


このアルバムは結構衝撃でした おもちゃ箱のようにいろいろな音楽のアイデアが詰まってます
曲として一番好きなのはニールソンの「ワン(One)」かな



でもタイトル曲の「アイ・スタンド・アローン( I Stand Alone)」もなにか新しい世界が開けていくような好きです




6枚目のアルバム赤心の歌



ジョリー(Jolie)はかなり有名ですね 今でも時々耳にします

順番戻って孤独の世界


イージー・ダズ・イット


She Gets Me Where I Live


紐育市(お前は女さ)


早すぎた自叙伝


倒錯の世界なぜか日本盤はないようです
Act Like Nothing's Wrong - Al Kooper

New York City (You're A Woman)



もう音楽のアイデアがてんこ盛りですね
ロック、ブルース、カントリー、クラシック、ソウルなどなど
大好きなアーティストです



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

アル・クーパー

ブラッド・スウェット&ティアーズを抜けたあとアル・クーパーはセッション・アルバムを連発します

マイク・ブルームフィールドスティーヴン・スティルシュとのスーパーセッション

同じくマイク・ブルームフィールドとのライブ盤「フィルモアの奇蹟」

15歳の天才ブルース・ギタリスト、シュギー・オーティスとの「クーパー・セッション」

注目度の高いミュージシャンを集めたり天才少年を発掘したりと仕掛け人としての才能が光っているとおもいます

また選曲がブルースもあればサイモンとガーファンクルドノバンなどの曲を取り上げたりと多彩です

アル・クーパー

ブルース・プロジェクトを脱退したアル・クーパースティーヴ・カッツが結成したブラッド・スウェット&ティアーズ
Blood, Sweat & Tears - Blood, Sweat & Tears


ブラス・ロックというよりビッグ・バンド的なブラス・アンサンブルをを取り入れた感じがしますね
1曲目なんてストリング・アンサンブルのオーバーチュアですし、その後のアル・クーパーのソロ・アルバム「アイ・スタンド・アローン」でも1曲目はストリング・アンサンブルでした

結局アル・クーパーは1枚目のアルバムを出したあとで脱退してしまいます

ブラッド・スウェット&ティアーズアル・クーパーの抜けたあとにデヴィッド・クレイトン・トーマスをヴォーカルに迎えセカンドアルバム「血と汗と涙」を出します
Blood, Sweat & Tears - Blood, Sweat & Tears
・スピニング・ホイール
・ユーヴ・メイド・ミー・ソー・ヴェリー・ハッピー
とかが大ヒットしましたが、そのうちなんだかグダグダになっていってしまったように思います



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


アル・クーパー

話はアメリカに戻ります

アル・クーパーという人がいたんですね

名前が知られるきっかけになったのは多分フォークの神様的存在だったボブ・ディランがエレクトリック化して物議を呼んだ「追憶のハイウェイ61」のなかの「ライク・ア・ローリング・ストーン」のオルガン
Highway 61 Revisited - Bob Dylan

あたりからだとおもいます

このときのギターはマイク・ブルームフィールドでした
よくマイク・ブルームフィールドがギターだったのでアル・クーパーは弾いたことのないオルガンに廻ったとかいう話がありますが本当かなと思っちゃいますね

この後アル・クーパーブルース・プロジェクトというバンドに入ります

このバンドは名前にブルースが付いているくらいで白人ブルース・バンドかなと思うのですがメンバーにスティーヴ・カッツが入ってました

そしてブルース・プロジェクトを脱退したアル・クーパースティーヴ・カッツが結成するのがブラッド・スウェット&ティアーズです



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。