スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini)

ヘンリー・マンシーニHenry Mancini)

アート・オブ・ノイズの記事にリュウさんから頂いたコメントでピーター・ガンもハードローテーションでかかっていたのを思い出しました

で、ピーター・ガンなんですがこれは元はアメリカの探偵もののテレビ・シリーズでそのテーマ音楽だったんですが作曲・編曲はヘンリー・マンシーニ(1924年~1994年)という人なんです

僕の子供の頃はロック・ミュージックなんてなくて洋楽に接するのはこういったアメリカなどのテレビ番組とかアメリカ、イタリア、フランスの映画音楽がほとんどでした
ドラマもありましたしアンディ・ウィリアムズ・ショーとかディーン・マーチン・ショーといった音楽番組もありました

国内のテレビ番組でも「夢であいましょう」とか「シャボン玉ホリデー」とか音楽バラエティ・ショーがあってザ・ピーナッツとか伊東ゆかりとかクレージーキャッツとかが当時流行りのジャズやポップスを歌っていました

こうした環境で育ったわけですがそのなかでもヘンリー・マンシーニという人の音楽にはよく接しました

Breakfast At Tiffany's (Soundtrack from the Motion Picture) - Henry Mancini

ピーター・ガン  Peter Gunn Theme



けっこうロックン・ロールしてるでしょ

ピンク・パンサー Pink Panther Theme



刑事コロンボ Columbo Theme



オードリー・ヘップバーンの映画

ティファニーで朝食を  Breakfast at Tiffany's



ソフィア・ローレン

ひまわり  Theme from Sunflower



などなど数えきれないぐらいの名曲を作っています

こういったハリウッドに生きた人にしては珍しく(笑)温厚で面倒見の良い人だったそうでクインシー・ジョーンズジェリー・ゴールドスミスなどなどに慕われていたそうです
たまにはこういった音楽もいいかもしれません

↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : この人の音楽が好き♪ - ジャンル : 音楽

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。