スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソー・バッド・レビュー  盛り上がるぜ!! Sooo Baad Revue !

ソー・バッド・レビュー

関西からきたソウル野郎たち ソー・バッド・レビュー

日比谷野音で見ました聴きました

北京一       Vo
砂川正和      Vo
山岸淳二      G
石田長生      G
国府輝幸      Key
チャールズ清水   Key
永本忠       B
土井正和      Dr

ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードという豪華な編成です

ヴォーカルの北京一は漫才コンビ北京一・京二としても当時有名でした
ゼンジー北京のの弟子でもあったそうです

その他のメンバーは関西のブルース系バンドでも活躍していました

ウェストロード・ブルースバンドとか上田正樹とかウィーピング・ハープ・セノウなどなどですでに名を馳せていた関西ブルースマンたちが集まってソウル・ショー的な演出を盛りこんで始めたバンドなんです

もうかなりジェームズ・ブラウンなどのソウル・ショー的な要素を取り入れていてまずバンドで演奏が始まり盛り上がったところでヴォーカルの二人が舞台の左右から飛び込んできて始まるなど、とにかく盛り上がること間違いないし!

というバンドでした

GROOVIN’昭和!5~ぐでんぐでん

最後の本音



リトル・アール



スタジオ盤とライブ盤をのこして1976年には解散してというか発展的解消かな、それぞれのメンバーはその後も色々なバンドで活躍しました




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : ロック - ジャンル : 音楽

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。