スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四人囃子 一触即発!!!

四人囃子

プリズムのところで森園勝敏に触れましたが、その森園勝敏が居たバンドが四人囃子です

お雛様の五人囃子じゃないですよ(笑)

もうまさに日本のピンクフロイドといった感じのプログレッシブ・ロック・バンドでした

1974年に東宝レコード(今はありませんが映画の東宝がやっていたレコード会社です)からデビューします

一触即発

一触即発(+2)(紙ジャケット仕様)

メンバーは

森園勝敏    Vo,G
坂下秀実    Key
中村真一    B
岡井大二    Ds

一触即発



ピンクフロイド吹けよ風叫べよ嵐に似てはいますがもう当時としてはびっくりものでした

ピンポン玉の嘆き



もう完全にピンクフロイドです

僕は当時日比谷の野音で見たことがあるんですが四人囃子用のスピーカーというのが客席後ろにあってライブで音が4チャンネルというか3Dサウンドというか前後左右にぐるぐる回るんです

僕はこの東宝レコードで秋吉久美子のレコードのバックを四人囃子がやっているのを持っていたんですか、秋吉久美子が朗読したり歌ったりしてそのバックが四人囃子というかなりシュールというかキワモノというか・・だったように覚えています

まあこのころの秋吉久美子沢尻エリカなんて目じゃないほどのわがまま、お騒がせ女優でしたけど

秋吉久美子

あっ それで思い出してしまいましたがシュガーベイブというか山下達郎及川恒平などが絡んだ、これまた変なレコードがありました

海や山の神様たち .ここでも今でもない話. (紙ジャケット仕様)

坂本龍一も絡んでいてアーティストは少年少女合唱団みずうみ

なにか、あやしい(笑)

話が横道にそれてしまったので四人囃子に戻して・・

その後メンバーチェンジで

茂木由多加 Key が入ってツインキーボードになって

ベースが佐久間正英に変わって

空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ



セカンドアルバム ゴールデン・ピクニックス

ゴールデン・ピクニックス

なすのちゃわんやき



レディ・バイオレッタ



フュージョンの香りも入ってきてますね

この後、森園勝敏が脱退してしまいますがレディ・バイオレッタを聴くと森園勝敏がその後プリズムに入ったのが理解できるような気がします

森園勝敏を失った四人囃子は新しいギタリスト、佐藤ミツルが加入して

PRINTED JELLY(紙ジャケット仕様) PRINTED JELLY - EP - 四人囃子

包 包 - 四人囃子

とアルバムを出しましたがこれは僕は聞いてなかったと思います

その後バンドは長ーいお休みに入りますが、時たま再結成して活動したり、また休んだりを繰り返しています

佐久間正英さんはプラスティックでの活動やP-MODEL、BOOWYGLAYJUDY AND MARYエレファントカシマシはじめ多数のアーティストのプロデュースをしていますね

岡井大二さんはずっしりとしたリズムで僕の大好きなドラマーなんですがスタジオミュージシャンとしても数多くの仕事をしています



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : ロック - ジャンル : 音楽

コメント

No title

こんばんは、返事おそくなりすみません、
そしてコメントありがとうございました。
すばらしいですね、いろいろお聞きになってらっしゃる。
共通するところがありまね、
四人囃子も若いころ、友達に
「これきけ」とよく言われたのをおもいだします。
ではまた。応援しときました。

Re: No title

ho eric さん  こんばんは~

もう暑さでへろへろになりそうです

今年の夏はエアコン使えなさそうで先が思いやられます

ho ericさんのお書きになっているのとかなりかぶりまくってますがご容赦ください(ペコリ)

今後とも宜しくお願いしますね

四人囃子

四人囃子の一触即発はよく聴きました。
やっぱり私はさかのぼって聴いたんですけど。
洋楽を聴く事が多かったのですが、四人囃子(それと、はっぴいえんど)を聴いた時はかなりの衝撃でした。

リアルタイムでは知らなかったので、随分後で、何かのコンサートで再結成ライブを見た時は感激したのを思い出します。
(メンバーも忘れましたし、記憶が曖昧ですが一緒にスモーキー・メディスンも出ていたかも)

Re: 四人囃子

アナログおじさん さん こんばんは~

僕もほとんど洋楽を聴いていたんですが大学に入って日比谷野音とかに行けるようになってから日本のロックも聴くようになりました

はっぴいえんどのころはニュー・ミュージック・マガジンなどで「日本語でロックは歌えるか」みたいな議論がされていた時代ですからね

スモーキー・メディスンっていったらチャーとか金子マリですよね

金子マリ&バックスバニーはかなり追っかけ状態でライブを見に行きました
鳴瀬喜博とか難波弘之とか永井充男とか後半はジョニー吉長とか・・・

No title

こんにちは。
「一触即発」ジャケットが強烈ですね。
”日本のプログレ”ということで知りましたが
ハードに展開する部分もありカッコイイですね。
愛聴しています。
一方「ゴールデンピクニックス」
なすのちゃわんやき・・プログレ者なのでこんなの大好きです。
レディ・バイオレッタ・・「一触即発」と同じグループなのか!?となりますよね。




Re: No title

四人囃子は日本のプログレですね

初期にはピンクフロイドを完全コピーで演奏できるとかが話題でした

あと、歌詞が難解というかどういう発想で出てきたのかというあたりもかえってインテリっぽく捉えていましたが「なすのちゃわんやき」あたりはもうチンプンカンプン??

レディ・バイオレッタは確かになんで?って感じですがその後森園さんがプリズムへいったりした前兆なんですかねぇ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。