スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャメル(camel)  なにかと紛らわしい幻想の中のラクダさん

ずいぶん前に書いたイッツ・ア・ビューティフルデイのセカンドアルバム、チョイス・クオリティ・スタッフのジャケットがタバコのキャメルをパロったラクダさんだったんですよね

チョイス・クオリティ・スタッフ/エニータイム (紙ジャケット仕様)

ですが、こちらはイギリスのプログレッシブ・ロック・グループ、キャメル

1973年にデビュー

アンディ・ラティマー    G,Vo,Flu
ピーター・バーデンス    Key
タグ・ファーガスン     B
アンディ・ウォード     Ds

Camel 

Mirage (w/ bonus track) 

このキャメルのセカンドアルバム、蜃気楼のジャケットデザインもタバコのキャメルを元にしていて上のイッツ・ア・ビューティフルデイのセカンドとイメージが紛らわしいでしょ

Mystic Queen



Freefall



甘いメロディーや激しいリズムの変化がもうプログレのお手本みたいでしょ

アンディー・ラティマーのギターとピーター・バーデンスのキーボードが幻想的でメロディアスでとても素敵です

どうも自分のブログを見なおしてみて一回でひとつのバンドを書いてしまうと長すぎて全部は見れないなと反省したのである程度で切りながら分けて書くようにしようと思います



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。