スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロコル・ハルム(Procol Harum)メンバーの相次ぐ脱退 オーケストラとの共演 そして・・

プロコル・ハルムProcol Harum)メンバーの相次ぐ脱退 オーケストラとの共演 そして・・


プロコル・ハルムはオルガンのマシュー・フィッシャーの脱退に続いてベースのデイヴィッド・ナイツも脱退してしまいます

プロコル・ハルムクリス・コッピング (Chris Copping)をベースとオルガンとして加入させます

Home

Broken Barricades

この時代は僕は残念ながらアルバムを持っていませんのでよくわかりませんがギターのロビン・トロワーが前面に出てきたようです

1971年にロビン・トロワーも脱退してしまいます

プロコル・ハルムはギターにデイヴ・ボール (Dave Ball) 、ベースにアラン・カートライト (Alan Cartwright)を加えゲイリー・ブレッカーのクラシック志向に戻ります

そして1972年にオーケストラと共演したライブを発表します

Live in Concert With the Edmonton Symphony Orchest

Live in Concert With the Edmonton Symphony Orchest

Conquistador



ディープ・パープルも1969年にロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラとの共演をしていますし、ロック・バンドとオーケストラの共演というのも流行っていたんでしょうね

でもプロコル・ハルムは元々クラシックっぽさが売りだったのでとてもマッチしてると思います

そして1973年に発表したのが

グランド・ホテル(K2HD紙/ジャケット仕様) Grand Hotel - Procol Harum

Grand Hotel



異国の鳥と果物(幻想)(K2HD紙/ジャケット仕様) Exotic Birds and Fruit - Procol Harum

僕がプロコル・ハルムを聴いていたのはこのあたりまでです

この後1977年にはプロコル・ハルムは解散してしまいます



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

No title

こんにちはコメントありがとうございました。

なかなか玄人好みするアーティストがおおいですね、
私もそういうものも好みです。

若いころの記憶ってよく残っているものです、
共感しますね。

ではまた。

こんばんは~

ho eric さん

こんばんは~

同じような題材でブログを書いているのでバッティングする部分も多いと思いますがご容赦をお願いします

意外とミーハーなのですが当時はニューミュージック・マガジンなどを参考に手を出していた部分もあるので、結構広いジャンルで聴いていました

あとは、ジャケット買いもありましたが、ジャケット買いはアタリハズレもありますが思わぬアタリにめぐり合うこともありました

そのせいか音は覚えていなくてもジャケットだけは覚えていたりしてYoutubeで聴いてみると「あれっ こんなだっけ」ということも結構あります

今後もよろしくお願いしますね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。