スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood) エリック・クラプトンと来日決定!!

スティーヴ・ウィンウッドSteve Winwood) エリック・クラプトンと来日決定!!

ヤッター!!!

スティーブ・ウィンウッド、今年11月にエリック・クラプトンとの来日が決まりましたね

メンバーは

エリック・クラプトン  (Vo, G)
スティーヴ・ウィンウッド(Vo, G, Key)
ウィリー・ウィークス  (B)
クリス・ステイントン  (Key)
スティーヴ・ガッド   (ds)

の予定だそうです 楽しみですね

さてスティーブ・ウィンウッドがデビューしたのはなんと15歳の時

スペンサー・デイヴィス・グループというイギリスのR&Bバンドです

ゼア・ファースト・LP+9(紙ジャケット仕様) セカンド・アルバム+8(紙ジャケット仕様)

My Babe



たぶんデビュー後間もないころの映像だと思います

まだ幼さの残る白人少年にしか見えないスティーブ・ウィンウッドが歌い出したらメチャ、ソウルフル

しかもギターもかなりの腕ですもの

みんなびっくりしちゃいますよね

Gimme Some Lovin



ヴォーカルとオルガンがスティーブ・ウィンウッドです

ベースはスティーブ・ウィンウッドのお兄さんのマフ・ウィンウッド、ギターはスペンサー・デイヴィス、ドラムスはピート・ヨーク

Keep on Running



I'm a Man



実は僕はスペンサー・デイヴィス・グループのレコードは持っていなかったのですが上のクリップの曲はすべてかなりヒットしていたのでラジオではしょっちゅう聴いていました


1967年にスティーブ・ウィンウッドスペンサー・デイヴィス・グループを抜けて自分のバンド トラフィックを結成します

続きますよ

おまけ

Steve Winwood, Eric Clapton Can't Find My Way Home





↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。