スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)   トラフィック解散 ソロアルバムへ

スティーヴ・ウィンウッドSteve Winwood)   トラフィック解散 ソロアルバムへ

1973年にはスティーブ・ウィンウッドWHOのアルバムを下敷きにしたロンドン・フィルハーモニック・オーケストラロックオペラトミー」に参加したりしました

またトラフィック解散後は海外で活躍していた日本人のパーカショニストツトム・ヤマシタのグループ GO に参加したりもしています

そして1977年にやっとソロアルバムを出します

Steve Winwood Steve Winwood - Steve Winwood

アーク・オブ・ア・ダイバー

Hold On



Arc of a Diver



時代的にAORっぽくなってるというかソフィステケトされていますがやっぱりカッコイイです

その後はソロでの活動を続け

Back in the Highlife Back In the High Life - Steve Winwood

という傑作を出したりグラミー賞を受賞したりと活躍が続きトラフィックでの活動を行ったりしています

2007年にクロス・ロード・ギター・フェスティバルエリック・クラプトンと共演したのをきっかけにエリック・クラプトンとの活動も継続しています

年末の来日もそのエリック・クラプトンとの活動の一環だと思います

おまけ 最後です

Eric Clapton, Steve Winwood - Presence of the Lord



クラプトンもいいけれどやはりスティーブ・ウィンウッドの歌は凄いです

15歳の時から変わってないとも言えるかもしれませんけど(笑)




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。