スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリッティ・ポリッティ (Scritti Politti)  繊細で複雑はデジタルシンセと中性的なファルセット・ヴォイス

スクリッティ・ポリッティ (Scritti Politti)  繊細で複雑はデジタルシンセと中性的なファルセット・ヴォイス

このところの暑さで参ってブログの更新が途絶えていました

スクリッティ・ポリッティは1970年代終わりごろに結成されたバンドですが、僕が持っていたのは1985年に発表されたセカンドアルバム

キューピッド&サイケ’85 Cupid & Psyche 85

Cupid & Psyche 85 Cupid & Psyche 85 - Scritti Politti

Absolute



Hypnotize



まあ、ニューウェイヴの一種なのかもしれませんがシーケンサーを多用したと思える縦糸、横糸が細かく編まれたような複雑で繊細なシンセ(たぶんヤマハのデジタルシンセの走りだったDX-7)とゲートリヴァーブをかけたドラムサウンド

そして中性的というか女性のようにも聞こえるグリーン・ガートサイドのファルセットのヴォーカルが特徴です

キラメクようなシンセの音と刺激的なドラムス、霞がかかったようなヴォーカルがとても新鮮に思えました

非常に寡作なバンドというか最初の3枚のアルバムはまだ2~3年おきぐらいに出していたのですがそのあとは1999年までアルバムを出していませんし、その後も5年おきぐらいにしかアルバムを出していません

ですので僕の持っているのは1枚のみでその他のアルバムのことは全然知りません




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。