スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーリアンズ(Orleans)

オーリアンズ(Orleans)

このところの暑さで参っています

元々、暑いのは苦手なのですがなんとなくエアコンのスイッチを入れるのに抵抗を感じて我慢のしすぎかもしれませんね

まだまだこれから暑くなるのでしょうからいつまで我慢ができるやら・・

オーリアンズ(Orleans)は1970年代のアメリカのバンドです

ジャニス・ジョプリン



(このHalf Moonジョン・ホールの曲)

ボニー・レイットに曲を提供したりしていたソング・ライターのジョン・ホールを中心にしたバンドで元々はその名前通り南部系のロックをやっていたようですがサードアルバムの

歌こそすべて

歌こそすべて Let There Be Music - Orleans

に収められたダンス・ウィズ・ミー Dance With Me



の大ヒットで爽やかなコーラス・ワークを印象的にしました

続くアルバム 

夢のさまよい Waking & Dreaming - Orleans

からは  Still The One もヒット



この2枚のアルバムですが単体での入手は現在難しいようですが

Let There Be Music/Waking & Dreaming 

でまとまってお買い得かも

でも、本来の南部的なロックを志向していたのに爽やかロック路線で売れてしまったために中心人物だったジョン・ホールが脱退してしまいます

ジョン・ホールはソロ活動に移ります

Half Moon / John Hall



残ったメンバーはメンバーを補充してバンドを継続したようですが僕はよく知りません

ちょっと調べてみたらジョン・ホールはその後政治家になって今は上院議員さんになってるらしいです

オーリアンズの爽やかなコーラス・ワークで少しは涼しくなれるかな???




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

No title

こんにちは
ダンス・ウィズ・ミーは、
結構いろんなコンピレーションものに入っているので知っていました。
他の曲は知らないので、
こういうさわやか路線のバンドなんだと思っていました。
本来は南部志向だったとは・・・

ヒット曲とバンドの方向性の係わり合いって面白いですね。

Re: No title

面白半分さん

今晩は~

オーリアンズは良く考えてみればニューオーリンズから取ったバンド名なので南部志向なんだと思いますが「事務所の方針」みたいなものでウエストコースト風爽やかコーラス路線が当たってしまったんだとおもいますよね

当人たちはこんなはずじゃあなかったってことなんだと思いますが・・

でもアーティストによっては根っこの部分は変わらなくてもその時その時のはやりに合わせてサウンドを変えていくのも有りとしている場合もあるのでなんとも言えませんが

前に書いたごランドファンクなんかはその点割り切ってハードロック路線からロコモーションみたいなPOPSカバーでヒットが出ても良としていたのだと思いますが(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。