スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシビサ osibisa アフリカン・ロックも熱いぜ!

オシビサ osibisa

前の記事のサンタナがラテン・リズムをロックに融合したラテン・ロックというのなら、こちらはアフリカン・リズムを前面に押し出したアフリカン・ロックオシビサです

Osibisa 

Woyaya

ジャケットの空飛ぶ象さんのイラストはイエスなどのジャケットで有名なロジャー・ディーンの作品です

どうも実態はイギリスでスタジオワークなどをしていたアフリカ系のミュージシャンたちの集まりみたいなんですがサンタナと同様かなり暑いアフリカンリズムの体験は新鮮でした

マイルス・デイヴィスビッチェズ・ブリューが1969年の発表でアフリカン・リズムとロック・ビートを取り入れていたわけなんですが、乗りやすさわかりやすさではオシビサの勝ちかな(笑)

パーカッションとブラス・セクションがカッコイイですよね

Gong Gong



Ayiko Bia



「アイコー・ビア・オビアエ・アイコー・ビアエ」と呪文のように耳に残ります

この後フェラ・クティとかのほんまもんのアフリカン・ロックも聴きましたがオシビサも捨てたもんじゃないです



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

No title

ロジャー・ディーンのジャケットのせいか
プログレ関連本でなにかと見た記憶があります。
初めて音を聞きましたがGONG GONGは熱いですね。
一方Ayiko Biaのほうはクールな英国ジャズロック路線っぽい気もしました

Re: No title

面白半分さん

こんばんは~

ロジャー・ディーンの空飛ぶ象さんのジャケットはインパクトありますものね


音を初めてお聴きになったということで紹介したかいがありました(笑)

なるほどayko biaはクールに聴こえましたか!

なにか呪文ぽくて今でも耳に残っています そこがアフリカっぽくてお気に入りなんですよ

オシビサは当時は結構ヒットしたのですが紹介した2枚目の後に大ヒットを出したんです


No title

お元気ですか?
最近ブログを更新されていないんで
ちょっと気になります。

夏バテ・・・・と仰っていましたが、
最近は少しマシになっているのでは・・・・。

もし、宜しければ、このコメに返答、
もしくはヘタリカのブログにコメ下さい。

Re: No title

ヘタリカさん こんにちは~

僕は本当に夏に弱いんです

暑さに弱いのと同時に暑いとつい冷たいお酒をグイッとやってしまい
グイッとやるともう眠くて眠くてそのままグーグー寝てしまうという
ぐうたらぶりなんですよね(笑)

いったんブログをサボってしまったらそれまでは連想ゲーム的に次のネタが
浮かんでたんですが・・・

はっきりいってネタが浮かばない状態です

10ccとかホール&オーツとかレベル42とか思いつくんですがとっかかりが
見つからないのですよね

またなんとか復活しますので、乞うご期待! なんて

No title

U爺さん!了解です!OKです!

涼しくなったらブログ更新してくださいね。
今まで、更新された記事はほぼ聴いています。

復活を楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。