スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジノ・ヴァネリ Gino Vannelli

ジノ・ヴァネリ Gino Vannelli

さてさてホール&オーツに続いてはジノ・ヴァネリです

デビューは70年代初期なんですが評価は高かったらしいんですがヒットには恵まれなく地味に活動していたようです(この時代は知りません)

1978年に発表した Brother to Brother

Brother to BrotherBrother to Brother - Gino Vannelli

がヒットして
Brother to Brother


I Just wanna stop


この曲はもうヘビー・ローテンションでした

フュージョンっぽいサウンドに熱いヴォーカルで結構好きでした

サウンド面はお兄さんのジョー・ヴァネリの力が大きいと思うんですがイタリア系のイケ面ルックスと胸毛モジャモジャのセクシーさで当時の女の子はイチコロ(今じゃキモいといわれそうですが)

今聴いてみるとあんまりロックじゃない感じですけど当時は従来のロックがいまいち振るわなくてフュージョン全盛の時代ですから(ジェフ・ベックブロウ・バイ・ブロウが75年、ワイアードが76年)しょうがない

続いてのアルバム Nightwalker もヒット
ナイトウォーカー

Living Inside Myself

この曲もヘビー・ローテンションでした ジノ・ヴァネリにとって絶頂期です

同じ頃にはバリー・マニロウ(Barry Manilow)Copacabanaなんかもヒットしてたから


タイミングが良かったのかもしれませんね




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

コメント

このCDが

Nightwalkerが欲しくて、未だに探しています。フュージョンポップとでも言うべき洗練された音楽性が良いですよね。メタル半歩手前のシャウトが堪りません。

Re: このCDが

Medeski さん

こんばんは~

正直、ジノ・ヴァネリなんてすでに忘れ去られたアーティストでコメントを頂けるとは思っていませんでした~

そう、まさにフュージョンポップなんでしょうね

ヒット曲が甘ったるい感じなんですがアルバム全体の印象としてはけっこうハードエッジなイメージで好きでした

ジノの歌唱力とお兄さんのサウンドが見事でしたよね
Nighrwakerは入手が難しいんですね

なんとか手に入れてください

No title

U爺さん。復活感謝いたします。

楽しみにしていました。
今回のジノ・ヴァネリって人は
全く知りませんでしたが、

フュージョンの一歩手前みたいな
立ち位置だったんでしょうか?

いい曲ですね。

Re: No title

ヘタリカさん~  こんばんは

なんとか、怠け癖を克服して復活致しました

楽しみにしていただけて、大変嬉しいです

ジノ・ヴァネリって結構作品を多く出しているみたいなんですが僕も知っているのは70年代終わりごろの2作品のみです それ以前は玄人好みと言うかミュージシャンの間では注目されていた人みたいなんですが残念ながらそのあたりの音は聴いていないのでなんとも・・・

時代的にはフュージョン真っ盛りだったはずなんですがサウンドはそういったフュージョン系なんですがヴォーカルがなんとも熱くてロックっぽさもあったので好きだったのだと思います(このあたり、かなりあいまいですが)

ヒットしたのはミディアムスローぐらいのちょっとゴージャスで甘ったるい部分のある曲なんですがアルバム全体は結構ハードエッジな緊張感にあふれたものだったと記憶しています

No title

初コメ 失礼します。33年来の、ジノファンです。私は、先月東京コットンクラブで、ジノの生ライブ行きました。13年ぶりの来日でした。ジノのよく伸びる力強い、迫力ある美声は、健在で、歌唱力にも、すごく磨きがかかっていて、若いころより、重厚な感じで。卒倒しそうな位感激しました。アクションも、来年還暦とは。思えない、激しさで観客もスタンディングで、みんな物凄い熱気で、踊リまくってましたよ。来年も来日する可能性高いので、百聞は、一見にしかずライブに、ぜひ足を運んでいただきたいです。見た目も、長身でスリム、おなかも出ていなくて、若々しくてほんとカッコいいです。まだまだ現役バリバリ現在進行形ミュージシャンだと。おもいます。

ジノ・ヴァネリ来日していたんですね

layoa320さん  こんばんは~

すっかり寒くなって来ましたね~

33年来のジノ・ファンとは恐れ入ります

僕はジノ・ヴァネリはもうほとんど忘れ去られた人だと思っていたのですが先月来日していたんですね
びっくりです
しかも、その来日ライブをご覧になったとは・・
あのハードエッジな歌唱力と美声はまだまだ健在なんですね 嬉しいことです

しかし、ジノ・ヴァネリにコメントを頂けるとは思っていなかったのに3人の方からコメントいただけるなんて嬉しいことです
それだけジノ・ファンのかたやジノを評価してくださる方がいてくれて記事を書いたかいがありました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。