スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速弾きギタリスト列伝 テン・イヤーズ・アフター アルビン・リー

速弾きギタリスト列伝 テン・イヤーズ・アフター アルビン・リー

速弾きギタリストたちの列伝です

まずはアルビン・リー

1960年代後期にテン・イヤーズ・アフターというイギリスのブルーズ・ロック・バンドで名を馳せたギタリストです

Ten years after
Ten Years After Ten Years After (Remastered) - Ten Years After

Undead
Undead Undead - Ten Years After

Ssssh
Ssssh Ssssh - Ten Years After

Stonedhenge
Stonedhenge Stonedhenge - Ten Years After

Cricklewood Green
Cricklewood Green 

いやー、結構アルバムはたくさん持っていて好きなバンドだったんですが印象に残っているのはとにかくアルビン・リーの速弾きギター

注目を集めたのはとにかくウッドストック・フェスティバルでの演奏でしょうね

Ten Years After live at Woodstock 1969


ほかには
Good Morning Little School Gial FillmoreEast


今思えば指癖の速弾きのようにも思えるのですが当時はその引きまくりスタイルにヘボアマチュアギター小僧としては衝撃を覚えたものです



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。