スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイトフル・デッド(Gratful Dead)

グレイトフル・デッド(Gratful Dead)

ジェファーソン・エアプレインとならんで1960年代のサンフランシスコを代表するバンド、グレイトフル・デッド
ジェリー・ガルシア(G,Vo)
フィル・レッシュ(B,Vo)
ボブ・ウェア(G,Vo)
ピッグペン(Key)
ビル・クルーツマン(Dr)
ミッキー・ハート(Dr)
あたりが当初のメンバーでしょうか
メンバーが次々と亡くなってしまったり、アルバムごとにやっていることが変わっていったり、なんだかとらえどころがないままに、ずいぶんアルバムを買ってしまいました
ライブが命みたいなバンドで即興でどんどん変化していく長い演奏をやっていたようです
P.A.的な概念を持ち込んだバンドのため演奏するメンバー以外にもサウンド関係のスタッフもメンバーとして行動していたようです
  Grateful Dead (Skull & Roses) [Remastered] - グレイトフル・デッド
  American Beauty (Bonus Track Version) [Remastered] - グレイトフル・デッド

  Workingman's Dead (Remastered) - グレイトフル・デッド

  Europe '72 (Live) [Bonus Tracks] - グレイトフル・デッド

The Wheel


casey jones


Ship of Fools


学生時代の後輩が(当時はハード・ロック野郎だったんですが)ずいぶん後になってからはまってしまったようでグレイトフル・デッド関係のサイトを運営してます
とにかくライブの録音を認めているのでそのコレクションが半端な数ではないので、はまってしまったら身を滅ぼしてしまいそうです



↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。