スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーリー・ダン(Steely Dan)

スティーリー・ダンSteely Dan)

このスティーリー・ダンもロサンジェルスのバンドですね
僕はこのバンドが好きでずいぶん追っかけました

ドナルド・フェイゲン(Vo, Key)
ウォルター・ベッカー(B)
の二人が始めたバンドで当初は
デニー・ダイアス(G)
ジェフ・バクスター(G)
ジム・ホッダー(Drums)
デイヴィッド・パーマー(Vo)
という編成でした
1972年にキャント・バイ・ア・スリルでデビュー
  Can't Buy a Thrill - Steely Dan

ドゥ・イット・アゲイン


リーリン・イン・ジ・イヤーズ


セカンドアルバム カウント・ダウン・エクスタシー
  Countdown to Ecstasy - Steely Dan

マイ・オールド・スクール


もうデイヴィッド・パーマー(ボーカル)がいなくてドナルド・フェイゲンのヴォーカルになっていますね

サードアルバム プリッツェル・ロジック
  Pretzel Logic - Steely Dan

プリッツェル・ロジック


このあたりからはバンドというよりドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーの二人に色々なミュージシャンをいれてサウンドの完成度をあげる方向に移り始めましたね

マイケル・マクドナルド(Vo のちにドゥービー・ブラザーズ)が参加したはずです


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。