スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・ウィンター(Johnny Winter)

ジョニー・ウィンターJohnny Winter)

百万ドルのブルース・ギタリストのキャッチフレーズで有名
弟のエドガー・ウィンターリック・デリンジャーとよく一緒にやっていました
Johnny Winter - Johnny Winter

Be Careful With A Fool

もう、ブルース色がプンプンしてますよね
ヴォーカルが白人が黒人っぽく歌うとき特有のわざと喉をしめて声を潰して歌うのがちょっと残念なんですが
普通のピックを使わないで4本の指を使ってのフィンガーピッキングですね
ジョニー・ウィンター=ファイヤー・バードと思っていたんですけど、このビデオで使っているギターはどこのギターなんでしょ? 詳しい方フォローをお願いします
Mean Town Blues

これすごいですね 
12弦ギターみたいですがフィンガーピッキングの手数が多い部分とボトルネックのスライド奏法が組み合わさって、一部津軽三味線みたいな奏法?が混じってますね
だんだんロック色が強くなっていって

Live Johnny Winter And - Johnny Winter

Jumping jack flash

ROCK AND ROLL HOOCHIE KOO




↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。