スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin) フル・ティルト・ブーギー・バンド

ジャニス・ジョプリンJanis Joplin) フル・ティルト・ブーギー・バンド

コズミック・ブルース・バンドもすぐに解散してしまって1970年にフル・ティルト・ブーギー・バンドになります
Pearl - Janis Joplin

MOVE OVER


Cry Baby

もう言葉が出ないですね

HALF MOON


Me and Bobby McGee


ところがジャニス・ジョプリンはこのバンドでのレコーディングが終わる前にドラッグで亡くなってしまいます

Mercedes Benz


彼女の亡くなったあとに68~70年に残されたライブ音源を集めたアルバムが出ています
Joplin In Concert - Janis Joplin


1979年にジャニス・ジョプリンの人生を下敷きにベット・ミドラー主演でThe Roseという映画が作られています(音楽性は全然違いますが)
でも、いい映画でした


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


スポンサーサイト

コメント

ジャニス・ジョプリン

U爺さん。ジャニス御馳走様です。
自分はずいぶんつまみ喰いですから、
U爺さんの記事でジャニスのスゴさが伝わりました。

ジャニスは昔、ビデオで
「ハード・レイン」をライブでやっていたのを
知ってるくらいだったので、U爺さんの記事は
ちょっと新鮮でした。
40年前の新鮮・・・・って不思議な感じです。
ドラッグ・クイーンだったんでしょう。
自分はドラッグ否定派ですが、
この頃、この時代にロックするには
ドラッグは不可欠なアイテムだったのかも?です。

Re: ジャニス・ジョプリン

ヘタリカさん いつもコメントありがとうございます

僕もずいぶんあれこれつまみ食いでアメリカン・ロック、フォークからブリティッシュ・ロック、プログレまで広く浅くしかもどちらかというと当時はマイナーだった物を聴いていました
メジャーなものは友達から借りて聴いていました

ジャニスがドラッグ・クイーンというより当時のヒッピー・ムーブメントとかがドラッグ・カルチャーでしたからね マリファナ系なんてタバコみたいな物 LSDとかも研究者がバイトに飲ませて研究してたっていう時代です
たぶんLSDとかの薬物はある部分戦場の兵士の恐怖心をなくしたり戦闘意欲を増進させたりという目的で研究されてたのだとおもいます(根拠はありません) 
当時はベトナム戦争という背景もありましたからベトナム戦争に従軍した兵士がこういった薬物を与えられて帰還後にボロボロになっていろいろな事件もありました こういった問題を背景にした映画も結構ありましたね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。