スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオン・ラッセル(Leon Russel)

レオン・ラッセルLeon Russel)

前の記事のカーペンターズのところで名前が出てきたレオン・ラッセル

この人を初めて知ったのはジョー・コッカーのアルバムでした

ジョー・コッカーのデビューの仕掛け人みたいな立場だったのかな

で持っていたのは
Leon Russell (Digitally Remastered '95) - Leon Russell
Carney (Digitally Remastered '95) - Leon Russell

かなり泥臭い印象を受けるんですが実はかなりおしゃれな曲やアレンジの物も多いんですよね

A SONG FOR YOU


THIS MASQUERADE


上記2曲は前の記事のカーペンターズのヴァージョンと聴き比べていただけると面白いです

Tight Rope



そして本領発揮の泥臭いやつ
Delta Lady


↓気に入っていただけたらどちらも押してくださいね
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

コメント

レオン・ラッセル

レオン・ラッセルは味があってシャレてますよね。
名前だけは、とにかくあちこちで目にしましたが、アルバムを聴いたのは随分後になってからでした。
もっと早く聴いていれば良かったと思ったものです。
20年以上前の話ですが(笑)

Re: レオン・ラッセル

そうなんですよね

本人の歌い方は泥臭い(ミシシッピーとかの湿気のあるまさに泥臭い)ので好き嫌いがはっきり出そうな感じなんですがメロディーとかアレンジとか実におしゃれなんですよね

他の人が歌うともうメローでゴージャスに聞こえちゃうという・・

当時NHKでレオン・ラッセルとシェルターピープルのドキュメントみたいな結構長ーい番組を放映してくれてはまりました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

U爺さん

Author:U爺さん
昨年、引っ越しに際して中学生時代から集めていたアナログレコードを家内の「邪魔だ!」の一声で処分されてしまいました
アメリカ、イギリス、日本のロック中心のコレクションでした
大事なモノは失って初めてわかる物 と言いますが・・ 失う前から大事だってわかってたんですけどね
そんなわけで記憶をたどりながら、ネットで調べながら所有していたレコードに関してブログを始めました
記憶違いなどあったらフォローをお願いします

スポンサードリンク
チケットぴあ
おすすめ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。